サイトメニュー

日常生活を送る為に

診察

気を付けたい事

車の運転をしなければ生活が不便になってしまう人は決して少なくありませんが、その際は安全を心掛けなければなりません。つまり、危険な状態になってしまうことがあらかじめ分かっている場合や、意識障害を起こす可能性がある場合等は運転禁止となります。とはいえ、うつ病の場合は全て運転禁止となってしまう訳ではなく、実際には安全に対して必要な認知や予測、さらに判断が出来る状態であれば運転は認められます。また、うつ病の治療の際は、薬を利用する事も決して少なくありませんが、その際は副作用として眠気をもおよしたりする事も有ります。ただ、このように眠気を発生させるのはうつ病の薬だけでなく、風邪薬やアレルギーの薬等も有るので、決して特別な事ではありません。また、薬を服用したらずっと運転してはいけないと言うことではなく、ある程度の時間が経過すれば許可されると言う事も多々あります。したがって、薬を飲んではいけないとか、絶対に飲むべきではないと言う訳ではなく、医師の指導に従って利用すれば安全に服用する事も十分可能です。したがって、車を日常的に利用する人はその旨を医師・薬剤師に伝える事によって、その状態に配慮した指導をしてもらう事も出来ます。うつ病の場合は心療内科等に行って治療を受けるというのが一般的になっていますが、初めての人にとっては中々敷居が高いと感じる事も少なくありません。ただ、放置しておいたからと言ってすぐに良くなるものではないので、適切な時期に適切な治療を受ける方がより良いと言えます。だから、敷居が高いと感じている場合でも、なるべく早い段階で心療内科の方に行って治療を受けると言うのが基本です。実際に心療内科で受診する際は、必ず予約の時間を守ると言う事、さらに医師の指示に従うことが重要になって来ます。また車を運転する人の場合は、自分が日常的に車を運転すると言う事も予め医師に伝えておく事も重要です。また通院の際は自分で運転して行くと言う人もいますが、病院の方から自分での運転は避けた方が良いと言う指示があった場合は自分での運転は避けます。この場合は公共交通機関を利用するか、家族や友人、知人等に連れてきてもらう方が安全だと言えます。うつ病自体はその人によっても症状の治るまでのスピードが大きく違っているので、どの人でも同じ様に良くなって行くわけではありません。初心者の場合は分からない事だらけだと言う場合も多々あるので、分からない事がある時は医師等に相談して指示を仰ぎます。

Copyright© 2018 うつ病の治療中は車の運転をさけるべき理由【脳の機能が低下】 All Rights Reserved.