サイトメニュー

医師や警察署に相談しよう

医者と看護師

薬を飲んだ直後は避ける

現代はストレス社会になっているため、学校や職場、家庭などでストレスを受けたり、転勤や転職、結婚、離婚などの環境の変化などがあると、うつ病を発症することもあります。うつ病に罹ると脳の機能が低下するため、安全運転に必要なとっさの判断が出来なくなったり、薬の副作用が原因で眠気を感じることも多いです。地方などの交通の便の悪い地域で生活をしている人は、自動車は欠かせなくなっていますが、うつ病を診断されたらなるべく自動車には乗らないほうが良いでしょう。精神神経科の病院やクリニックを選ぶ時は、主要な駅やバスターミナルから、利便性の高い所がお勧めです。通院をする時はなるべく、電車やバスなどの交通機関を利用したほうが安心です。道路交通法が改正されているため、免許の更新をする時は、精神疾患に罹っている場合は申告をする必要があります。医療機関の診断書の提出が必要になることもあります。うつ病に罹っている人は免許の更新が出来ないと不安を感じている人が多いですが、病気の程度が軽い場合は免許を更新してもらえることもあります。精神神経科の病院やクリニックで、抗うつ剤や抗不安薬、睡眠導入剤などを処方してもらっている人が多いですが、薬を服用した直後は運転をしないことが大事です。地方や田舎の農村部などで生活をしている人は、交通の便が悪く買い物などに不便なので、自動車は欠かせない必需品になっています。うつ病に罹っていると、運転ができないのか知っておきたい人が増えています。病気の症状が重く、日常生活に支障をきたしている場合は、運転をするのは危険なので避けたほうが無難です。病気の症状が軽い場合であれば、病院の医師に相談をしたり、警察署などで相談をすることで、運転を許可してもらえる場合があります。基本的には安全運転に必要な判断ができることが大切ですが、適正検査などを受けることで、許可が下りることもあるので相談をしてみると良いでしょう。うつ病の治療中は、運転を許可してもらっている場合でも、健康な時よりも疲れやすいため、なるべく短時間で済ませることが大事です。病院やクリニックに通院をする時は、なるべく公共機関を利用するのがお勧めです。自動車は生活に欠かせない必需品になっていますが、自動車は凶器になる側面も持っています。病気の症状が重い場合は、家族や配偶者などに協力をしてもらい、買い物に行く時は車に乗せてもらうようにしたり、通院をする時は送り迎えをしてもらうと良いでしょう。病気が回復してきて、自動車に乗りたい場合は医師や警察署に相談をすることが大事です。

日常生活を送る為に

診察

うつ病の場合は正しい判断が出来たり、薬の影響で眠くなっていない場合等は運転を許可される傾向です。心療内科を受診する場合は予約通りに病院に行き、医師の指示をしっかりと守る様にする等がマナーであり注意点でもあります。

詳しく見る

気をつけたい精神病の問題

女性

重い精神病になると車の運転ができなくなる場合がありますが、医師と相談しつつ対応すれば効果的な治療を行えます。うつ病になった時は病院に行って医師と話し合いますが、一人で難しいなら家族と一緒に相談する方法もあります。

詳しく見る

治療をするなら

診察

うつ病の人が運転をする場合は、注意が必要です。判断力が低下しているうつ病患者が運転をすることで大きな事故を引き起こす可能性がとても高くなります。健康な人でも事故を起こす可能性があるのにうつ病であればなおさら高いものとなります。

詳しく見る

精神病になると受ける制限

悩む女性

うつ病にはいくつかの種類が存在していて、気分がずっと沈み込んでしまう症状も存在しています。精神病の方が車を利用する時は必要な手続きがあるので、テストなどを受けてから運転をしないと大きな問題になります。

詳しく見る

人気記事

診察

治療をするなら

うつ病の人が運転をする場合は、注意が必要です。判断力が低下しているうつ病患者が運転をすることで大きな事故を引き起こす可能性がとても高くなります。健康な人でも事故を起こす可能性があるのにうつ病であればなおさら高いものとなります。

悩む女性

精神病になると受ける制限

うつ病にはいくつかの種類が存在していて、気分がずっと沈み込んでしまう症状も存在しています。精神病の方が車を利用する時は必要な手続きがあるので、テストなどを受けてから運転をしないと大きな問題になります。

Copyright© 2018 うつ病の治療中は車の運転をさけるべき理由【脳の機能が低下】 All Rights Reserved.